1. ホーム
  2.  > 
  3. 会社情報
  4.  > 
  5. 健康経営について

健康経営®について

第一工業製薬は、「人は財産であり、人を大切にする」との思想に基づいて従業員と向き合ってきました。
従業員の健康の維持・向上は個々の従業員の自己実現の礎であり、会社はこれを支えることで、共に成長できるものと考えています。このように従業員の健康維持と向上は重要な経営課題であることから、こうした考えを2017年9月28日に次の健康宣言として表明いたしました。

― 健康宣言 ―
『第一工業製薬は、従業員を会社の財産と考え、従業員の健康の維持向上に努めます。』
第一工業製薬株式会社
代表取締役会長兼社長
坂本 隆司

健康経営の考え方

健康経営推進施策

1. 生活習慣病予防対策
  • ・特定保健指導
  • ・保健指導
  • ・社外相談窓口の設置 など
2. メンタルヘルス対策
  • ・メンタルヘルス教育プログラム(ラインケア研修・セルフケア研修)
  • ・ストレスチェック
  • ・社外相談窓口の設置
  • ・社内相談窓口の設置 など
3. その他共通する対策
  • ・アブセンティーイズムとプレゼンティーイズムの調査
  •  →アブセンティーイズム 2.1%(通年で安定)
  •  →プレゼンティーイズム 7.1%(2018年は通年で7%の業務効率の向上)
  • ・健康経営の普及に寄与する活動

健康管理目標

2019年度は次の4点の達成を目指して種々の取り組みを推進いたします。
  • □ 健康診断受診率      目標値100%
  • □ 要医療・要精検者フォロー 目標値100%
  • □ ストレスチェック受検率  目標値100%
  • □ 特定保健指導実施率    目標値 65%以上

具体的な取り組み

1. 生活習慣病予防対策・疾病予防対策 2018年度 BMI数値改善、喫煙者減少 (前年比)
  • ・健康診断受診率100%
  • ・保健指導実施率100%
  • ・二次検診再診率100%
  • ・健康診断結果による産業医面談
  • ・インフルエンザワクチン接種費用全額補助
  •  →2018年度 接種率69% (前年比9%アップ)
  • ・eラーニングによる生活習慣病予防の教育
  •  →2018年度受講率93.7 %
  • ・経営層の参加する会議で計画策定・実施・調査審議
  • ・社内報での生活習慣病予防および健康経営への取り組み記事掲載
  • ・常勤保健師の設置
  • ・健康相談窓口(社内・社外)の設置(社外は2親等以内の家族利用可)
  • ・保険者との共同実施
  •  →2018年度 特定保健指導実施率76.5%
  • ・海外赴任者への保健指導および予防接種費用や人間ドック受診費用の負担(同行家族を含む)
  • ・感染症予防対策(マスクや消毒セットの設置)
  • ・毎朝のラジオ体操
  • ・従業員や家族の健康増進および交流を目的としたイベント開催
  • ・職場環境の改善
  • ・部活動
  • ・マラソンイベントの開催
  • ・オプション検査の費用負担
  • ・食堂健康メニュー
2. メンタルヘルス対策 2018年度 メンタルヘルス不調者新規低発生率継続、休職者数減少(前年比)
  • ・ストレスチェック受検率100%
  • ・階層別メンタルヘルス教育プログラムの設定(ラインケア研修・セルフケア研修)
  • ・eラーニングによるメンタルヘルス教育
  •  →2018年度受講率93.5%
  • ・メンタルヘルス社外相談窓口の設置(2親等以内の家族利用可)
  • ・社内産業カウンセラーの相談窓口
  • ・臨床心理士の相談窓口
  • ・復職プログラムの設定
  • ・長時間労働者へ法令要求を上回る産業医面談
  • ・ハラスメント、LGBT教育
  • ・職場環境改善 エンゲージメントの改善(前年比)

※取り組みは全従業員対象で実施

健康関連数値はこちら [PDF:387KB]

外部評価の認定取得

「健康経営銘柄2020」に初選定
「健康経営優良法人2020~ホワイト500~」に3年連続認定

健康経営優良法人

「DBJ健康経営(ヘルスマネジメント)格付」
3年連続で最高ランクを取得

DBJ健康格付

その他の取り組み

厚生労働省の委託事業の
「がん対策推進企業アクション」推進パートナーです。

がん対策推進企業アクション

スポーツ庁の
「FUN+WALK PROJECT」に賛同しています。

FUN+WALK PROJECT

「健康経営®」は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。